有限会社アクラ

BLOG & NEWS

Scroll
抜き足、差し足、猫の足。
2024.02.20

ここ数日、春のような気温となり

着るもの悩んでしまいますね。

さて、絶賛リフォーム&建築工事中のアクラですが、

本日は珍客の到来に

スタッフもクスリとしてしまいました。

よーく近づいてみてみると、、、。

床になんだか足跡が、、。

猫ちゃんが

こっそり塗りたてのモルタルの

上を歩いていたようです。

今回のリフォームは

賃貸部分になるため

縁起の良い『招き猫』の

到来です(笑)

一方、内部の工事では

トグルスイッチの設置など

素敵なディティールが

見えてきました。

ワクワクしますね。

さすがに彼?彼女?の

デザインは消えてしまいますが

店名に猫のネーミングを混ぜた

方がよいのかな?と

ふとそんな気持ちになる

デザインを落としてくれました。

さて、そろそろ本格的な春始動です。

リフォーム完成まで

あと少しです。

帰宅時間からのライティング。落ち着く食卓。
2024.02.14

こんにちはアクラです。

事務所に入ってくる光も、温かさを帯びてきました。そろそろ芽吹きの

季節となり、体を動かす仕事もしやすくなってきました。やはり自然光が一番ですね。

さて、住宅設計の中でアクラが大切にしている一つの項目に

ライティングがあります。

ライティングの世界はなかなか奥が深く、ただ『明るい』だけという

照明計画では、帰宅して家族との時間を演出する存在としては

役不足だと考えています。

玄関の光から感じる

安堵の心地を演出する光であったり

すこし暗いトーンがあることで

明るいスペースが引き立ったりと

リビングの中でまんべんなく明るいだけではなく、陰影のある

光の強弱がある方が、夕方以降の安らぐ空間づくりに

一役買うライティングとなると考えます。

最近ではLED照明がほとんどとなってしまいましたが

フィラメント球を使った照明の温度感のある照明器具も

大事な場面では存在感を

発揮してくれる、贅沢な光になります。

ただただ明るくする必要があるのは

日中の太陽の光と

ギラギラした真っ白な光の職場だけで十分ではないでしょうか?(笑)

家は安らぎと、徐々に脳が睡眠に移行する

大切な時間です。

共働きの方であれば18:00~22:00ぐらいの

4時間ぐらいが大切な時間になると思うのです。

照度を少しだけ落として

家族と焚火を囲むように

豊かな時間の演出をアクラは

オススメしたいと思います。

PS:いざとなれば今は調光もできますのでご安心ください。

光を上質にする。それだけで空間が豊かになる。
2024.02.09

こんにちはアクラです。

現在絶賛リフォーム中のアクラですが

リフォーム中は時々材質たちの

様々な変化を目にするのも面白いです。

この写真は、古いPタイル という床材を

剥がした跡になります。

時々店舗などでこのままクリアのコーティング

をした床を見ますが

なかなかこうしたテクスチャーも

面白いものです。

さて、今日はアクラ事務所・リノベーション展示場の

光を照らす照明器具をご紹介いたします。

まずは 有名なルイスポールセン社の PH5 になります。

3枚の羽根が重なる 光のグラデーションが美しいデザイン照明です。

デザインはデンマーク生まれの ポール・ヘニングセン が手掛けられたものになります。

テーブルを置くと、絶妙なサイズ感とともに 何も置かなくても空間が上質になるから不思議です。

次にご紹介するのは同じくルイスポールセン社の

トルボー・ペンダント です。

サイズは小さいものから大きなものまであり

ペンダントを並べたり、ダイニングのシングルペンダント照明として

光を演出するこもできます。

乳白色のガラスの傘から、柔らかい光が全体をほの温かく照らします。

デザインは控えめですが、どんなシーンにでも合うのが

逆に日本のシンプルな住まい・素材に合うと考えます。

最後のご紹介は

日本の会社で ニューライトポタリー社 で作成された

真鍮製のペンダント照明

バレットフラットシェード

という照明になります。

マテリアル(素材)は真鍮で

削り出されたその質感が、しっかり伝わってきます。

ニューライトポタリーは奈良県の会社で

永冨裕幸さんと奈良千寿さん ご夫妻が企画された

デザインプロダクトの照明が多数あります。

この照明をよく見ると『高い質』というものが

周囲に飛んでいく感覚が伝わります。

建築という様々な空間を作り出す仕事の中で

彼らのような、高い質を演出してくれる

照明たちは、アクラのデザインコードの中で

重要な役割を果たしてくれます。

すべての照明が質が高いものである必要はなく

逆に『一つだけ』にこだわることで

空間のコンセプトがはっきりしてくるのだと

思います。

リノベーションのススメ
2024.02.06

こんにちは、アクラです。

東京は雪のニュースで持ち切りですね。

岡山では冷たい雨が降りました。

アクラの植物たちにとってはつらい季節ですが

もうじき来る春が待ち遠しい限りですね。

アクラでは、リノベーション工事を多く手掛けております。

リノベーションという言葉は、つい最近の言葉でありまして

以前はリフォームや、改築・改修工事という言葉として

主に、現在ある建物空間を、内部・外部空間を

綺麗に模様替えをしたり、修理がメインであったりしました。

リノベーションはまったく異なる空間へ

変化させる建築工事の手法です。

2024年現在では、岡山も多分に漏れず

住戸の供給過多になっており

中古住宅や建売住宅がたくさん存在します。

しかし、それがすべての人にマッチングされる

家か?となると、そうではありません。

新しく住居を求める方のニーズは、本当に多種多様で

住む人の人数から、年齢、健康状態

当然、家賃などの経済状況、利便性・交通事情

家に求める趣味趣向と利便性などなど

その考え方は多様です。

リノベーションの良いところは

すでに、現時点で建物の場所や空間が存在していて

生活や、使う用途に応じたイメージが

とてもしやすいことにあります。

そして家賃や、中古価格・周辺生活圏内などの

状況が明確であり、予算計画がしやすいです。

また、新築よりもリーズナブルに空間を手に入れることが

で出来やすいのも、ポイントです。

※土地から購入となるとなかなか高額になります。

しかし、リノベーションは 空間を使われる方の

ニーズをいかに具体的に表現できるか?という

工務店の腕が非常に重要になってきます。

新築のように、ゼロから表現するものではないため

現在の建物や構造・素材・新旧の材料の相性や折り合いを

どのようにつけるか?

ここは結構な、知識・経験・技術力 が必要になります。

リノベーションとリフォームが異なるのは

新たな空間を作り出す。

という創造性の表現力 にかかっていると

感じています。

アクラでは日々そうした経験・知識を

職人の方と深めていくことが大事だと痛感しています。

もし、新築住宅の金額の高さに苦しんでいる方、

現在環境を生かせるロケーションを持たれている※建物を

所有しているならば、一度リノベーションの門を

叩いてみるのもオススメです。

抜ける壁。しっくい。
2024.01.30

こんにちは、アクラです。

徐々に日中の日差しに春を感じるようになってきましたね。

本格的な春まであと少し といった感じです。

アクラでは、基本的に壁仕上げ材として

しっくいをお勧めしています。

現代の住宅では壁といえば『ビニールクロス』が一般的ですが

その歴史は薄く、一世代前、約30年も経過していません。

ところがしっくいは日本古来からある、自然材料の内外装材です。

その歴史は深く、材料もシンプルです。

そんなしっくいをアクラがお勧めする理由は

美しい質感だけではなく、調湿・空気清浄機能などと合わせて

一番はミクロ単位の空気の入れ替えが可能である事です。

水をビニール袋に入れても

水は滴るどころか、一日経過しても減ることはありません。

汚れたら汚れっぱなしで汚染されます。

イメージしてもらうとわかりますが、

土と紙 (漆喰でいう 石灰と麻(すさ))

で出来た袋であれば、当然ながら水は抜けていきます。

そして、水は土というフィルターを通して

濾過されます。

部屋の空気も同様に、微量な空気の行き来が成されている状態の

方が、当然ながら健全です。

家族生活の中で出てくる、多量の臭気や、湿度・ウィルスや埃・

目に見えないゴミは無意識の中で大量に空気に出ます。

カビ等も、そうした空気が汚染された証拠です。

しっくいは、それらを少なからずろ過する効果があります。

しっくいは 『空気のろ過装置』 だとアクラは考えています。

当然、家の気密は上げながら

生活の中でのろ過装置を、家の生活の主たるところに

採用しているイメージです。

毎日取り入れている、無色透明の空気だからこそ

意識的に装置を設置してあげることが大切です。

金額もアクラではそこまで大きくならないよう

努力をしています。

そんなしっくいを採用した空間を

是非一度おいしいコーヒーを飲みながら

過ごしてみてはいかがでしょうか?

室内にいながら、閉塞感を感じない

不思議な体感ができると思いますよ。

ARCHIVES