有限会社アクラ

BLOG & NEWS

Scroll
【守るということ】
2018.07.31

先月18日、大阪府北部を震源とする大きな地震が発生しました。
亡くなった方をはじめ、被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます。

 

岡山は地震が少ないイメージあるかもしれませんが、
今年の4月に起きた島根県西部地震の際は震度4の揺れが観測されました。
2016年の鳥取県中部地震でも、震度5強という強い揺れが観測されています。

 

地震被害は決して他人事ではありません

 

耐震・制振・免震
全てを最上級のものにしていくと価格も上限を知らない・・・
それでもお客様にはそれぞれの予算もある。

防災に関する考察と悩みは、これまでもこれからも永続的に無くならずに付いてくるだろうと感じます。

 

それでも、
安心して住める安全な家を建てたい

建築基準法をクリアしたとしても、震度6強のような1回の大きな揺れを防ぐだけでは物足りなさを感じるんです。

 

建築基準法にとらわれず、
自分の納得のいくそれ以上の手作りの家こそが、アクラの家であるように

【夏の暑さを乗り切る強さ】

強い日差しと厳しい暑さ。
辛いのは人間だけでなく、植物も同じです。

観葉植物を置きたいけど、部屋も暑いのでこの時期は枯れやすい…
そのようなお話を聞くことも。

 

そこで今回は、暑さに強い観葉植物をいくつかご紹介します!

 

1.オーガスタ
バナナに近い種類の植物で、熱帯植物らしく大きな葉っぱが特徴。

葉からたくさん水分を放出するので、加湿器代わりにも。うまく育てると大きな花がつきます。

 

  

2.セローム
実はサトイモの仲間。梅雨時期には空気中の水分を吸って、気根がぐんぐん伸びます。伸びすぎたと思ったら、切ってもらって構いません。

毎日水をあげず、土が乾いてからたっぷりあげましょう。

 

 

3.ユッカ
ツンと尖った葉が特徴で、暑さにも寒さにも強い初心者向けの植物。

「成長・発展の樹」といわれていて、プレゼントにも。

あと、大事なのは水をあげるタイミング。
暑い時期の昼間に水をあげると蒸れて根が傷んでしまうので、水をあげるなら朝の9時までか、日が落ちてからの時間帯がおすすめです。

 

 

アクラの事務所にも様々な観葉植物を置いています。
ご興味のある方は気軽にお店をのぞいてみてくださいね。

【少しのムラが味を出す】

自然素材をたくさん使う私たちの家。
自然素材は見た目だけでなく、機能性も良いので少しずつご紹介させていただきます。

 

今回は「タイル」。

 


素材によって焼く温度が違うのですが、タイルは高温で焼くので密度や硬度が高いのが特長。外壁に貼ってもタイル自体はほとんど経年劣化しません。

 

現存する世界最古のタイルは、エジプトで紀元前5000年近く前に作られたもの。
それぐらい長持ちするんです。

 

タイルの素材はさまざまですが、
タイルをコーティングしてくれる釉薬(ゆうやく)がかかったものは耐水性に優れていて水回りに使ったり、デザインのアクセントとして取り入れる方も多くいらっしゃいます。

 

磁器質のタイルは小さい穴がたくさん空いていて吸水性に優れているので、
木材と同じような調湿効果も。

 

 

またタイルが持つ少しのムラは味のある空間にしてくれます。
最近ではタイルとタイルの間の目地の色も選べるようになったので、組み合わせによって様々なアレンジができます。

 

目地の色だけでなく、太さを変えたりするとまた印象が変わるのも面白いところ。

 

ほかの自然素材についてはまた今後ご紹介させていただきますね。

【適材適所】

照明、建具、設備…
家を建てるときに、決めなくてはならないことがたくさんあります。

その中でも特に気になる方が多い収納スペース。

 

 

「できる限り収納をたくさん作りたい。」
お客様からもよくご相談を受けます。

将来のことを考えて、収納スペースを多めに作っておくことは大切です。


しかしそれ以上に大切なのは、しまうものに合わせた場所に設置すること。

 

例えば「玄関クローク」。

ガーデニンググッズや、三輪車など、アウトドア用品など
家の中には持って入りにくいけど、外に置きっ放しにしておくのは。
というものを置くのに重宝します。

 

ハンガーを置いて置くと、出しなにさっと上着を着て出られるだけでなく、
もし雨で上着が濡れてしまったとき、

外で遊んで服が汚れてしまったとき、
部屋が濡れたり汚れたりする心配もありません。

 

日々の暮らしをイメージし、必要な場所に必要なものをおく。
そうすることで、動線がよくなり永く快適に住める家になります。

お客様の生活に合わせた家を作る。。
これもまた手作りの醍醐味かもしれませんね。

【残すか変えるか】
2018.07.17

「リフォームとリノベーションってどう違うの?」と聞かれることがよくあります。

 

簡単にいうと、リフォームは古くなったものを新しい状態に戻すこと
例えば壊れたところを修理したり、古くなった壁紙を新しくしたりすることです。

 

一方リノベーションには英語で「革新」という意味があり、
ただ直すだけではなく、機能や価値をアップさせることを言います
暮らし方に合わせて間取りを変えたり、造作家具を入れてデザイン性をプラスするという感じです。

 

 

ただ、明確な区別がないこの2つの言葉。

 

特にリノベーションは家のどの部分を残し、どの部分を新しくするか。
設計図だけでなく、現場でも作業を行いながらこそ感じる部分もあったり。
とても考えさせられます。

 

古き良きものを残しつつ、プラスαの手を加えることにより、いい味を出していく。
歴史を刻んできた傷や汚れを活かすことも、リノベーションスタイル

 

職人、設計、監督を一貫してやっていると感じることがあります。

 

現場での作業中に気づくこともある良さ。
そこには、施工前の設計図だけではカタチにできない良さがある。

 

現場での気づきの実現には、
施主と施工者との信頼関係が必要不可欠なんですね。

 

追い求めるのは、センスだけじゃない。
人間の持てる協調性に最高のリノベーションのカギはありました。

ARCHIVES