BLOG

【リフォームは素早く】
2021.03.01

先日、マンションのプチリフォームを手掛けました。

 

 

赤ちゃんが生まれるので

リビングに育児スペースを設けたいとのご要望。

 

リビングの一角の床を34センチほど高くし、

床下は引き出し式の収納に。

そして壁面の一角に扉を設け、赤ちゃんの寝具や

おむつなどがたっぷり入るクローゼットを設けました。

 

 

アクラのオープンハウスと似た雰囲気をご希望でしたので、

シンプルですっきりとした空間に。

赤ちゃんがハイハイしたり床をなめてしまった時のことを考えて

フローリングの無垢材にはリボスの自然塗料を使っています。

 

特に気を使ったのが施工期間です。

通常は大工さんが施工したあと、建具屋さんが扉をつくるので

1週間から10日程度かかるのですが、

細かい採寸と作成図を作ることで

工場で製作ができ、現場での作業がスムーズに進み

1日で完成することが出来ました。

 

 

特にマンションのリフォームでは、

工事の音や工事関係者の出入りを

施主様が心配されることが多いので、

建材の加工は事前に済ませ、騒音を軽減。

施工当日は組み立てるだけにして、

一日での工事が可能になりました。

 

 

仕上がりともども、施主様に喜んでいただけ

アクラとしても嬉しい限りです。

 

 

<有限会社アクラ>

 お問い合わせフォーム:https://www.acra-a.com/#contact

 TEL: 086-230-1277

 (営業時間 9:00~18:00)

【トックリラン】
2021.02.22

今日ご紹介するのは「トックリラン」。

メキシコからてテキサスにかけての

乾燥した地域が原産です。

 

 

株元がふっくらとしている姿が徳利(とっくり)に

似ていることから、この名前が付けられました。

 

 

明るいところが好きなので、日当たりのいい窓辺や、

真冬以外ならベランダなどに置くのがおすすめです。

 

 

乾燥地帯の植物らしく、膨らんだとっくり部分に

水をためているのだとか。

水やりは表面の土が乾いてからで大丈夫です。

鉢の底から流れてくるまでたっぷりあげてください。

 

 

細い葉が伸びる繊細な雰囲気に似合わず、

意外と丈夫で育てやすいですよ。

 

 

ちなみに英語の名前は「ポーニーテール」。

せっかくかわいらしい名前がついているのに

日本に来たとたん「徳利」とは。

お酒好きな方に命名されたのかもしれません。

 

 

<有限会社アクラ>

 お問い合わせフォーム:https://www.acra-a.com/#contact

 TEL: 086-230-1277

 (営業時間 9:00~18:00)

【食いしん坊】
2021.02.16

アクラのオープンハウス「ETB/R203」

に「松岡修造さん」が来られました。

くいしん坊!万才のロケのためです。

 

 

メニューは岡山県の牛窓地域のマッシュルームを使った

「マッシュルームのステーキ

~しょうゆ麹の香味ソースがけ~」。

 

 

放送や番組のインスタグラムでは、

「ETB/R203」のキッチンやダイニングでの調理の様子や

松岡さんのお食事シーンが紹介されています。

(番組インスタグラム https://www.instagram.com/kuishinbo_official/

 

 

マッシュルームステーキを召し上がり

「天才かも」と調理された方へ称賛の一言。

とても美味しかったようで、

岡山県民として、ちょっと誇らしい思いです。

 

 

撮影の準備ができるまでの時間、

松岡さんはアクラに事務所のソファーで待機。

テレビで拝見するパワフルなイメージだけでなく

サインや記念撮影に快く応じてくださるなど

とても紳士的な一面にも出会うことができました。

 

 

この「ETB/R203」は、イベントやワークショップ

のスペースとしてご活用いただけます。

フラワーアレンジメントなどの手工芸のほか、

キッチンもお使いいただけますのでお料理教室や

一日限定のカレー屋さんやカフェなどももできます。

 

 

ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

 

<有限会社アクラ>

 お問い合わせフォーム:https://www.acra-a.com/#contact

 TEL: 086-230-1277

 (営業時間 9:00~18:00)

【漆喰≠自然素材】
2021.02.08

アクラでは、壁はなるべく

漆喰での仕上げをおすすめしています。

 

 

理由はいろいろありますが

自然素材からできていることもその一つです。

 

 

でも実は、すべての漆喰が自然素材だけで

作られているわけではありません。

 

 

昔ながらの漆喰は「消石灰」という白い粉のようなものと

「すさ」という植物繊維、海藻から作られた「湖」

から作られています。

 

 

ですが最近は、海藻湖ではなくボンドが使われている漆喰も

よく見かけるようになりました。

 

 

ボンドを混ぜた漆喰は「塗りやすい」「ヒビが入りにくい」

「価格が安い」といったメリットがあり、人気のようです。

 

 

ですが、シックハウス症候群や

化学物質過敏症など健康のことを考えると

海藻湖を使った自然素材だけの漆喰がやはり安心です。

 

 

アクラでも自然素材だけで作られた漆喰を

使うようにしています。

 

 

体に負担をかけない自然素材で作られた家は

やはり気持ちのいいものです。

 

 

<有限会社アクラ>
 お問い合わせフォーム:https://www.acra-a.com/#contact
 TEL: 086-230-1277
 (営業時間 9:00-18:00)

 

【カリモクKチェアー】
2021.02.01

4年前に事務所を改装したときに

アクラにやってきたカリモクのKチェアー。

 

無垢材の床と漆喰の壁に似合うものはないかと

探していたところ、インテリア雑誌に掲載されていた

このソファーに目がくぎ付けになりました。

 

 

「控えめなのに存在感がある」

そんなたたずまいに惹かれたのです。

 

 

早速取り寄せてみると、想像していた通り

キャメル色の革が張られたソファーは

アクラの空間にしっくりと馴染み、座り心地にも大満足。

 

 

そして購入から4年たった今、木肘のナラ材は表情が深まり

本革の部分も柔らかなツヤがでてくるなど

新品の時より味わいが増しています。

 

 

そして流行りに左右されないデザインも魅力。

長く使えるので、ご家庭にもお勧めです。

 

一緒に過ごした時間が味わいに変わっていく。

そんな家具と暮らすのも素敵なものです。

 

 

〈有限会社アクラ〉

TEL:086-230-1277

 (営業時間9:00-18:00)

【新しい扉】
2021.01.25

アクラの事務所をミニリノベーションしました。

 

実はこの事務所は西側かしか陽がささず、

午前中はちょっと暗いなと感じる日も。

 

 

そこで、東の勝手口の扉を取りかえて、

朝日を取り込もうと考えたのです。

 

 

デザインは以前ご紹介した

アクラのオープンハウス「ETB/R203」の扉と同様に、

無垢材と黒のアイアンの組み合わせに。

 

 

さらに事務所の床の色や玄関ドアの色目に合うよう

無垢材部分は濃いめのオイルステンレスを塗り、

少し落ち着いた色目に仕上げています。

 

 

制作をお願いしたのは、「ETB/R203」の扉と同じ総社市の加藤建具さん。

ドアノブは以前のドアに使っていたものを

リユースしたのですが、それも美しくなじんでいます。

 

 

アクラの事務所にも朝の明るい光が差し込むようになり

毎日気持ちよく仕事をスタートすることができます。

 

 

事務所の観葉植物たちも、

こころなしか気持ちよさそうです。

【登り初め】
2021.01.19

2021年の登り初めにと、

渋川海岸にほど近い「王子が岳」へ。

 

 

山頂や登山道から瀬戸内海の多島美が望めることから

ハイキングコースとしても親しまれている山です。

 

 

実はこの王子が岳は「奇岩の名所」で

「ひつじ岩」や「ニコニコ岩」、

中には「役ただずの大岩」なるものも。

 

 

登山道をのんびりと歩き始めて約1時間で山頂へ。

眼下には瀬戸内海が広がり、その向こうには四国や瀬戸大橋の姿も。

直島もすぐ近くに見え、手前の海を漁船が行きかう様子は

なんとも風情ある光景でした。

 

 

そしてこの後は恒例の「山コーヒー」を。

キラキラ輝く瀬戸内の海を眺めながら

ドリップで淹れたコーヒーをゆっくりいただきました。

 

 

この王子が岳、春にはツツジや1000本の桜が楽しめるそうです。

ハイキングがてら気軽に登れる山なので

四季折々の景色を愛でに、再訪するのも良さそうです。

 

 

ちなみに先述この「ニコニコ岩」は、

地域おこしのアイコンにもなっていて

お菓子やバックなどのグッズもあるとか。

 

 

そして「役立たずの大岩」のような不名誉な呼び方が

つかないためにも、2021年もみなさまの家づくりの

お役に立てるよう精進しようと思います。

 

<有限会社アクラ>
 お問い合わせフォーム:https://www.acra-a.com/#contact
 TEL: 086-230-1277
 (営業時間 9:00〜18:00)

【アクラin2021】
2021.01.06

明けましておめでとうございます。

新しい年が始まりました。

みなさまにとって、素晴らしい一年になりますように。

 

2021年アクラは、創業30周年を迎えます。

これからも変わらず一つ一つ丁寧な家づくりを目指して行きます。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

<有限会社アクラ>

お問い合わせフォーム:https://www.acra-a.com/#contact

TEL: 086-230-1277

(営業時間 9:00~18:00)

【本年もありがとうございました】
2020.12.28

今年も残すところ数日。

 

 

本年も多くのお客様とお会いして、いいご縁をたくさん頂ましたこと、

心より感謝申し上げます。

 

 

2020年は、オープンハウス「ETB/R203」が完成し、

いろんなお客様にアクラの家をご覧いただけた年でもありました。

さらに「ETB/R203」で行われた

1daycafeやワークショップなど、いろんなイベントを通して

アクラが作り出す空間をご体感くださった方も。

 

 

時には焼酎バーを開催し、ゲストの方たちと

素敵な時間を過ごせたこともいい思い出です。

 

 

来たる2021年。

皆さまのお家づくりのお手伝いができるよう、

スタッフ一同、感性と技術を磨いてまいります。

 

 

皆さま、どうぞよいお年をお迎え下さい。

 

《有限会社アクラ》

TEL:086-230-1277

年末年始のお休みは12月29日~1月4日まで。

5日以降は、通常通り営業いたします。

【ホワイトクリスマス】
2020.12.24

アクラのオープンハウス「ETB/R203」にも

クリスマスがやって来ました。

ニッチにクリスマスの小物を少し。

いかがでしょうか?

 

 

まわりの漆喰に合うように

木製の置物や、松ぼっくりにヒイラギなど、

自然素材の物を選びました。

 

 

そして、一番左の松ぼっくり。

とても大きいと思いませんか?

測ってみると15㎝近くもありました。

 

 

実は社長の福島がよく行く山で拾ってきたものなんです。

こんな大きな松ぼっくり、私は初めて見ました。

大きくて存在感があります!!

 

ニッチは玄関やリビングなど目につく場所につくるので

そこに少し小物をおくだけだで、

室内の雰囲気ががらりと変わります。

 

 

スペースも小さいので、

飾り付けや片付けが楽なのもいいですよ。

 

 

白く優しい表情のしっくい壁のニッチに、

可愛らしいクリスマスの飾り。

12月の気ぜわらしい心を、和ませてくれそうです。

 

 

みなさまどうぞ、素敵なクリスマスをお過ごしください。

ARCHIVES