BLOG

【観葉植物】ゴムの木「アルテシーマ」|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

ゴムの木というと熱帯雨林にそびえる
巨木を想像する方も多いのではないでしょうか。

 

ゴムの木の一種「フィカス アルテシーマ」
ラテン語で、「背が高い」という意味があり
原産地のインドや東南アジアでは30mにもなるそうです。

 



ですが小さく育てることもでき、
お部屋に置けばぐんとオシャレな
雰囲気をつくってくれることから
人気の観葉植物です。

 

そしてもう一つ、フィカス アルテシーマの
人気の理由はその花言葉が
「永遠の幸福」であることも。

 

育てやすさもばつぐんで、
本来は強い日差しを好みますが
室内でも問題ありません。

 

水やりは土が乾いてきたら2~3日後に
たっぷりとあげてください。
肥料は成長期の5~9月だけで大丈夫。
液肥なら10日に1回程度でいいようです。

 

育てやすさや、その花言葉から
贈り物にもぴったりです。


新築やご結婚、ご出産などのお祝いに
「ずっとお幸せに」という
気持ちを込めてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 

 

アクラの事務所の一角では、観葉植物も販売しています。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

<有限会社アクラ>
 TEL: 086-230-1277

【ニッチ×緑】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラへ

ニッチに観葉植物を飾ってみませんか。

 

ニッチは季節を感じさせる小物や

好きな絵などを飾ることが多いのですが

観葉植物を置いても素敵です。

 

 

横長のニッチにちょこんと小さな鉢を置いてみたり

いくつかの鉢を並べてみるのもいい感じです。

 

とくにしっくいで仕上げたニッチなら

観葉植物との相性はなかなかなもの。

しっくいは自然素材なので植物ともよくなじむようです。

 

ニッチは日が当たらない場所に

つくられていることが多いので、

日陰でも育つ耐陰性のある植物を選びましょう。

 

例えばシュガーバインや多肉植物などがおすすめです。

 

シュガーバインは5枚の葉が花びらのように

丸く並び、その可愛らしい姿で人気です。

水やりも土の表面が乾いてきたころで大丈夫なので育てやすいですよ。

 

多肉植物は色も緑だけでなく赤や黄色

多様な色をたのしめ、

お部屋のいいアクセントになりそうです。

【どこに置くか】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

お店で一目ぼれした観葉植物。
買って帰ったものの、どこに置こうか迷ったことはありませんか。

 

例えば背丈が高いものは床置きがいいでしょう。
玄関のたたきに置けば来客の目を引きます
ソファーの隣においてもいい雰囲気に仕上がります。

 

小さなサイズは棚やニッチ、テーブルがおすすめです。
たくさんある場合は専用のテーブルを用意して
観葉植物だけを並べてみるもの素敵です。

 

さらに最近は天井や高いところから吊るす
ハンギングも人気のようです。
つた性のものなど葉が下に伸びるものを
いくつか吊るすだけで、居心地のいいカフェのような
雰囲気を作ってくれます

 

スペースさえあれば、
壁一面の棚に観葉植物を置くのもおすすめです。
鉢カバーのテイストをある程度揃えておけば、
どんな植物を選んでも、うまくなじみます

 

 

観葉植物の種類によっては葉の色が変わったり、
花が咲いたりと、季節の変化を感じられるのも魅力です。

 

ちょっとお部屋の雰囲気を変えてみたい。
そんな時は、観葉植物がいい味方になってくれます。

【シュガーバイン】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラへ

アクラの事務所の片隅で、柔らかなツタを伸ばす

「シュガーバイン」。

オランダ生まれの品種です。

葉の裏に白くて甘い樹液をつけることから

シュガー(砂糖)+バイン(ツタ)で

シュガーバインと名付けられたとか。

 

ブドウ科で常緑の葉をつけるので、

寒くなるこれからの季節、

お部屋のインテリアにピッタリです。

 

強い直射日光を受けると葉が変色するので

レースのカーテンをした窓辺あたりが

ちょうどいい置き場所。

 

光が足りないと葉の間隔が長くなり

ひょろひょろと寂しい姿になってしまうので

葉の様子を見ながら居心地が良さそうな

環境を見つけてください。

 

水やりは土の表面が乾いてから、たっぷりと。

 

可愛らしい姿をしていますが、

意外と生命力が強いことから、

花言葉は「すこやか」。

 

夏の疲れがまだ残るこの季節、

シュガーバインの健やかさに

あやかってみるのもよさそうです。

【空気をきれいに】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

 

「エコプラント」という言葉を聞いたことがありますか?
空気をきれいにする力をもつ植物のことをそう呼ぶそうです。

 

部屋に飾る観葉植物にもエコプラントが多く、
その植物によって空気をきれいにする力は様々ですが、
壁紙や家具、たばこの煙、石油製品などから
発生する化学物質を吸着してくれるそうです。
その空気清浄の効果はNASAも認めているとか。

 

エコプラントの代表格ともいえるのが
サンセベリアです。
剣のような葉が垂直に伸び、
緑色の濃淡の縞模様が入っています。
見た目も美しいので、インテリアとしても人気です。

 

そもそも観葉植物は、マイナスイオンや
森林浴効果でも知られるフィトンチッドを出していて
気持ちをリラックスさせてくれたり
疲れを癒してくれたりします。
また植物の緑の色が、目の疲れもほぐしてくれるようです。

 

私も自宅にいくつかの観葉植物を置いていて
きれいな姿を眺めたり、
水をやったりすることで、日々癒されています。

 

アクラではサンセベリアなどいろいろな、
観葉植物を置いています。
興味のある方は、どうぞ見にいらしてください。

【モンステラ】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラへ

お部屋を夏らしく飾ってくれる観葉植物というと
まっ先に思いつくのが「モンステラ」です。

 

切り込みの入った大きな葉が特徴的で
いろんなインテリアのテイストに合う万能選手です。

 

 

ハワイのリゾートテイストからアジアン調、
ナチュラル系やカフェ風、ミッドセンチュリーの
お部屋まで、どれにもマッチして
いい雰囲気をつくってくれます。

 

管理も手間がかからず簡単です。
熱帯が原産なので暑さに強く、
室内の直射日光が当たらない場所を好みます。
春から秋なら、屋外においても元気に育ってくれますよ。
水やりも、土の表面が乾いてきた時にたっぷりあげれば大丈夫です。

 

また、茎を土や水にいれておくと根や葉を出し
どんどん増やせるのも魅力の一つです。

 

アクラでは、モンステラをはじめ、
観葉植物も扱っていますので
気になる方は、どうぞ見にいらしてください。

【夏を涼しく】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

いよいよ、夏の到来です。

 

お客様から「高気密・高断熱の家にすると、夏は暑いのでは?」

と質問をうけることがあります。

 

家を断熱材ですっぽり包み込む高気密・高断熱の家は、

屋内と屋外の熱の移動を抑え、

夏の熱気の侵入を防いでくれます。

 

ただ断熱材を設置できない窓からは、

どうしても日差しと共に熱が入り込んでしまいます。

これらが室内にこもってしまうと、

熱が外に逃げず、部屋の温度は高くなるというわけです。

 

なので窓が大きいほど夏は暑くなるわけですが

せっかくの明るい日差しをカーテンで

遮ってしまうのはもったいない。

 

 

そこでおすすめなのがグリーンカーテンです。

日差しを遮り、涼やかな見た目が楽しめます。

グリーンカーテンの植物としては、ゴーヤが有名ですが、

そのほかシカクマメやツルムラサキ、パッションフルーツなど

食べられるグリーンカーテンの人気が高いようです。

さらにそこへアサガオなどの花を合わせると

見た目も華やぎます。

 

設置や水やりなど、少し面倒ではありますが、

それも夏の風物詩と考えて、

採れたての野菜や花の風情を

楽しんでみてはいかがでしょう。

 

【ホワイトゴースト】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

名前も見た目もユニークな
白いオバケ「ホワイトゴースト」。

 

ずっとサボテンだと思っていたのですが、
どうやらサボテンとは違う多肉植物のようです。

 

ホワイトゴーストの魅力は何といっても
一風変わったフォルム。


オバケが手を広げているようにも見えませんか。

 

存在感があるので、この鉢を一つ置くだけで
お部屋の雰囲気をぐんとおしゃれにしてくれますよ。

 

水やりは、冬なら月に1回程度、
それ以外の季節は月に2~3回程度で大丈夫です。

風通しがよくやわらかな光の当たる場所に置いてください。

乾燥に強いので、初心者の方でも育てやすいですよ。

 

新芽の出る成長点はピンク色に染まり、
その可愛らしさも魅力です。

カフェやショップでも、最近人気を集めている
ホワイトゴースト。

 

まだまだ家のインテリアに取り入れている方は珍しいようです。
お部屋をカフェ風に仕上げたいという方にピッタリです。

【パイナップルコーン】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

寒さが厳しい時期ではありますが、

アクラの本棚には「パイナップルコーン」という

なんともトロピカルな響きの観葉植物が飾られています。

 

名前の通り、パイナップルのような

姿をした多肉植物です。

 

 

小さくて可愛らしい姿をしているので、

テーブルやテレビ台の上、飾り棚などに

ちょこんと乗せると、いいインテリアになってくれます。

 

乾燥地帯が原産なので、水やりの手間もあまりかかりません。

春・秋の成長期には、土が乾いたら

1週間に1回程度を目安にたっぷりと水をやり、

冬なら1カ月に1回程度でいいようです。

 

冬の寒さには弱いといわれていますが、

アクラの本棚ですでに1度冬を越しているので、

ある程度日光が入る部屋なら大丈夫そうです。

 

環境にもよりますが、

6月~8月が開花期で、

小さな愛らしい花を咲かせてくれます。

今年はどれだけ咲くか、

今から楽しみです。

 

アクラでは観葉植物も販売していますので

どうぞお気軽に見に来てください。

【ベンガルゴムの木】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

「ベンガルゴムの木」は丸みをおびた葉っぱが可愛らしく

部屋をおしゃれにするインテリアとして人気です。

 

 

その育てやすさも魅力の一つ。

水が足りなくなってきたら、

葉っぱがションボリした表情になってくるので

そうしたら水をやってください。

 

とたんに葉の張りがよみがえり

元気になってくれる。

 

この表情豊かなところが、なんとも愛しく

私は、楽しくお世話ができています。

 

一般的に「ベンガルゴムの木」は大きなものが多いのですが

小さなものも、また違った魅力があります。

 

たとえば、出窓や棚の上に飾るのも素敵ですし、

テレビ台の上にちょこんと置くのも可愛いものです。

 

また小さい鉢だと持ち運びもかんたんなので、

来客時だけテーブルの上に飾るというのも

便利な使い方。

 

色々な飾り方が楽しめる

小さいサイズの「ベンガルゴムの木」。

どうぞお試しください。

 

ARCHIVES