BLOG

【注文住宅の魅力】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

注文住宅の一番の魅力は、自分の理想の暮らしに合わせて

家づくりができることです。

間取りや建材、内装の素材など、

全てを自分たちで決められます。

 

既存の間取りプランの中から選んだり

買った家の間取りに自分たちの生活を合わせる必要はありません。

 

「料理を作るのが趣味」

「本に埋もれて暮らしたい」

「大家族でにぎやかな人生に」など

自分たちの暮らしや生きかたに合わせて家をつくれるのです。

 

 

アクラでは、間取りは私が作成するのですが

理想の暮らしを叶える家になるよう、

お客様のお話をたくさん伺うようにしています。

 

どんな趣味をお持ちなのか、好きなインテリアテイストは何か

将来の展望、お子様は何人を予定されているのか

アクティブな暮らしと静かな暮らしのどちらがお好みなのかなど

全てが家づくりのヒントになります。

 

お客様の生き方やお望みの暮らしに

私自身が共鳴したうえで間取り図を描くと、

引く線の1本いっぽんに想いがこもり

理想の家に近づけるのです。

 

アクラで家を建てていただくときは

施主様ご自身のこと、将来への希望など

どんなことでも、お話しください。

 

【窓だけでなく】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

一日一日、陽が短くなっていくのを感じます。

 

そこで今回は、お部屋を明るく保つための

工夫をご紹介しましょう。

 

お部屋を明るくするには大きな窓をつくり、

光をたくさん取り込むのが一般的です。

 

ですが一方で、窓を大きくすればするほど

断熱性や耐震性を下げる原因になるのです。

そのうえ窓が大きいと家具を置く場所が限られてしまうほか

紫外線がたくさん入り込むことで床や家具が

日焼けして色あせてしまうことも。

 

 

では、大きな窓をつけないで

お部屋を明るくするにはどうすればいいか?

その工夫の一つが壁の色です。

壁を白くすることで光が反射し、室内がぐっと明るくなります。

 

実際、私の家のリビングには大きな窓はありません。

施工途中の室内は想像していたより暗く、

少し心配になったものの、仕上げにしっくいを塗り

壁が白くなった途端に、空間がぐんと明るくなりました。

 

「リビングには大きな掃き出し窓が必要」

など、家づくりの定石から抜け出して、

自由な家づくりを楽しんでみませんか?

こうした工夫ができるのも、設計士と作る注文住宅ならではです。

 

 

【和室はいるか?】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

「和室は必要か否か?」

そんな質問をお客様から受けることが多くなりました。

 

私個人としては、和室は大好きです。

寝転がってリラックスできますし、

イグサの香りも心地いい。

 

 

しかし、和室を躊躇されるお客様の中には

「ほかの部屋とテイストが合わない」という方も。

 

ですが和室に必ずしも床の間がいるわけではありませんし

床は畳でも、壁や天井はシンプルな洋風にして

和モダン風に仕上げる方法もあります。

フチなしの畳を選べば、さらにしっくりおさまるでしょう。

 

また「畳はダニの温床になるのでは?」とのお声も聞きますが、

最近の畳は上敷きはイグサでも、

中の芯部分は昔ながらのワラではなく

硬質の発泡スチロールなどの断熱材になっていますので、

昔のようにジメジメしたり

ダニの温床になったりするようなことはありません。

 

それでもまだ、迷うという場合には

洋室をつくり、フローリングの上に置き畳を敷くという手も。

 

これなら必要に応じて畳敷きにしたり

洋室にしたりと、気軽に変えることができます。

 

【キッチンの落とし穴】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

注文住宅の家づくりにおいて、
キッチン周りをどう仕上げるかを考える時、
気を付けるべきことはたくさんあります。

 

例えば食事後の家事動線をよくするために
「ダイニングテーブルとキッチンをつなげる」
買ってきた食材の収納をラクにするために
「パントリーに勝手口をつける」
などがその一例です。

 

そんななか、意外と見落としがちなのが
コンセントの位置や数です。

 



キッチンでは多くの家電が活躍します。
炊飯器をはじめ、コーヒーメーカー、ジューサー
電子レンジ、トースターに電気ケトル、などなど。

 

コンセントが足りないと不便ですし、
多すぎてもいたずらに壁面を占領してしまい、
見栄えもよくないうえ
その前に物が置きづらくなってしまいます。

 

しかも、ホットプレートや電気ケトル、
電子レンジなどは使用電力が高いので
専用のコンセントを設置するほうが安心です。

 

自分が使う家電をざっくりとでいいので把握して
少し余裕をもってコンセントの数と位置を
決めることをおすすめします。

 

実は、家を建てた後にコンセントを増やすのは
思った以上に大変なのです。

【ため息】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラへ

アクラのモデルルーム

「ETB/R203」の改装が進んでいます。

 

が、工事が進むにしたがって

問題が後から後から沸き出てきます。

 

 

例えば配線。

電源やテレビアンテナの差込口が

不都合な位置にあるために

そのままにしておくと、

照明の配線やテレビのアンテナ線が

壁や床の上を延々と這うことになってしまいます。

 

それらの線をむき出しにしないために

壁に溝を掘って線を埋め込んだり

床の下を通すように工夫をしたり

思ったより手がかかり、ため息の連続です。

 

 

ですが、仕上がった部分も多く、手応えも感じています。

 

床材には赤松を使ったのですが

すこし変わった木で藍色の筋が入り

独特の雰囲気になりました。

 

キッチンの壁一面に貼った陶器質タイルは、

空間にいいアクセントを与えてくれています。

 

リビングダイニングの壁はしっくいにする予定ですが、

これはまだもう少し先の作業になりそうです。

 

完成までもう少し。

あえて作りこまないシンプルなデザインと、

自然素材の良さが感じられる、

そんなモデルルームになりそうです。

 

【ETB/R203】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

「 ETB/R203 」

これは9月にオープンを予定しているモデルルームの名前です。

 

 

シンプルでミニマムなデザインを目指す

このモデルルームには、こんな名前がふさわしいかと。

 

延べ床面積は約11坪で、間取りは0LDK。

室内の壁を取り払い、ワンルームのような一つの空間になっています。

 

リビングダイニングは大きな掃き出し窓があり

明るい部屋になりそうです。

 

無垢材のフローリングとしっくい壁など自然素材を使用し

居心地のいいスペースに仕上げていきます。

 

キッチンにはアクラオリジナルのアイランドキッチンを入れ、

お料理が楽しくなるような空間に。

 

すでにリノベーションの工事は始まっているのですが、

築40年という年代物の部屋なので

配管やダクト、電気の配線も等も旧式ですし

ずいぶん手を入れなければなりません。

 

昭和の香りが漂うこの部屋を

どれだけ生まれ変わらせることができるか、楽しみです。

 

 

ちなみに「ETB/R203」とは

モデルルームのあるビルの名前「エトワール高屋ビル」

の頭文字と部屋番号の「203」を組み合わせたものです。

 

【ギターを弾こう】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

実は中学生のころ、

ギターを練習していたことがありました。

いつの間にか辞めてしまって、

ずっとホコリをかぶっていたのですが

最近またギターに手を伸ばし始めました。

 

 

しかし弾きだしてみると、

音がご近所迷惑にならないかが気になり、

思う存分練習できません。

 

そうなると欲しくなるのが防音室です。

昔は防音室というと坪単価が100万円というような

ケースもありましたが、

最近はずいぶん手軽につくれるようになっています。

 

吸音・遮音効果のある断熱材や断熱壁、

防音パネルなどを使用することで、

費用も抑えられるのです。

 

また以前は防音室というと窓のない

暗い部屋が一般的でしたが

今はサッシなどの性能もあがっていますので

大きな窓をつけ、明るい防音室にすることも可能です。

 

防音室があれば、楽器の練習も思う存分できますし

シアタールームとして家族で楽しむこともできます。

 

家づくりの際はぜひご検討を。

私も次に家を建てるときは、

防音室をつくろうと決めています。

【私の書斎】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

最近、小さな書斎が人気です。
2.5畳から4畳程度の広さが主流ですが
なかには1畳という驚きの小部屋もあるようです。
1畳でもデスクと本棚は設置できるので
意外とおこもり感があって、
居心地がいいようです。

 

最近の書斎は場所も形態も様々で、
廊下の突き当りにデスクと本棚を置き
オープンスペースの書斎コーナーにする方や
主寝室のウォークインクローゼットの
さらに奥に隠れ家的な書斎も設ける方も。

 

家事をしながらちょっとした時間で
趣味の手仕事や子供の学校の書類を整理したい
という場合はキッチンやダイニングルームの近くに
専用スペースを設けるケースもあります。

 

家族との時間もかけがえのないものですが、
やはり個人の時間も大切です。

 

 

【どこで乾かすか】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラへ

洗濯物が乾きにくい季節です。

 

家の間取りを決める際に、
洗濯から干すまでの家事動線を
考えることは大切です。
特に毎日洗濯をする方や、
洗濯物の量が多い方などは、
とくに洗濯動線への配慮は重要です。

 

最近は、洗濯が1フロアで完結してしまう
間取りが人気です。

 

アクラのオススメは、
1階に浴室、脱衣室、洗濯室をつくり
近くにお勝手口を設けて、そこから
物干しスペースに出られる間取りです。

 

 

入浴の際に脱いだ衣類をすぐ横の洗濯機で洗い
すぐ近くに干せるので、とても効率的です。
これなら洗って水分を含んで重くなった衣類をもって
2階のベランダへと階段を上らなくてもすみます。

 

さらに物干しスペースは屋根つきがおすすめです。
雨が降っても干せますし、
室内干しのイヤなにおいもつきません。
また最近は花粉や黄砂、PM2.5の飛散などが話題ですが
屋根があれば洗濯物への付着を抑えられます。

 

実際に洗濯スペースを設置した方は
「洗濯物がたっぷり干せるし、
風通しもいいのでサラリと気持ちよく乾く」と
とても喜んでおられました。

【湿気を吸う壁】|岡山の注文住宅|自然素材を使ったシンプルなデザインの家ならアクラ

そろそろ長雨の季節です。

 

「梅雨」の語源は、梅の実が膨らんでくる季節にちなんだという説や
カビが生えやすい季節なので黴(カビ)という字をあてて
「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、そこから同じ音の「梅雨」となった
など、いろんな説があります。

 

どれが正しいかはわかりませんが
6月は湿度が高くカビが生えやすくなる季節です

 

そんな湿度対策に有効な建材の一つが
しっくい壁」です。

 

 

「しっくい壁」には調湿効果があり
湿度の高い時には部屋の湿気を吸収し
乾燥する時期には水分を放出してくれます。

 

実際、アクラの事務所の壁もしっくいなのですが
梅雨のジメジメした時期などは
壁が湿気を含んで膨張し、ドアが締めづらくなります。
逆にエアコンをかけると空気が乾燥するので
しっくい壁が水分を放出して縮み、
ドアの開け閉めが軽くなります。

 

こうしてアクラで働く私たちは、
日々しっくいの調湿効果を実感しています

 

これは、下地の補強を怠ったために、壁の膨張・収縮が激しく起こり
ドアの開閉に影響が出たのですが、
お客様の家づくりの際は、しっくい壁の調湿効果をそのままに
ドアの開け閉めにも影響が出ないよう施工しますので
どうぞご安心を

ARCHIVES